盛岡で最も歴史のある創業明治32年の精肉店で食べる焼き肉・ステーキには前沢牛をはじめ県内産黒毛和種の肉を使用しております。
秘伝のたれで食べるカルビ定食、極上ロース定食や前沢牛ステーキの安くて美味しい店としてもお客様に人気があります。
最高級の素材を出来るだけお安くお客様に味わって頂きたく努力しております。だからこそ味わえる旨味がここにあります。
前沢牛と他の国産牛との一線は大きいです。中でもステーキ肉は箸だけで裂けるほど肉質が柔らかいものを使用しております。
焼肉もまたトロリと柔らかく、霜降りの脂身もバターのようにコクがあってかなりの美味です。
是非、お召し上がりに来てください。

冷麺のルーツは昭和29年ころ盛岡市で始めたのが発祥であるといわれています。 ジャガイモででんぷんを使用した麺をもとに、うまく融合させ盛岡冷麺の原点を完成させたといわれています。 昭和40年代になると、県内に焼肉店が数多くオープンし、各店で盛岡ならではの素材を使い、より地域に受けいられるための工夫が加えられ、盛岡冷麺はじわじわと普及し始めました。 昭和50年代、テレビ・ラジオCMで、冷麺は一気に大衆に受け入られ、平成元年には「盛岡冷麺」のお土産が販売され、盛岡冷麺は『盛岡の3大麺』と称されるようになってきました。
米内の冷麺を食べてみれば分かります。ほんとにうまい。透明スープも旨味がたっぷり溶け込んでいるし、手打ちの麺は太くて力強い。なんといっても味付け肉がうまい。煮しめた肉でありながら口のなかでほろほろと溶けてゆくような柔らかさ。ひとかけらだけでも口いっぱいに肉のうまさが広がります。さすが肉の老舗とうならされること請け合い。白ゴマもたっぷりで香ばしく、麺もこれまたたっぷりで食べごたえ十分。